NEWS

夫婦のコミュニケーションの取り方
  1. 新着情報
  2. 夫婦のコミュニケーションの取り方

ご予約・お問い合わせ

045-594-7598

045-594-7598

2021/02/12

夫婦のコミュニケーションの取り方

みなさま、こんにちは

夫婦パートナーシップの専門家

佐藤美苗です。

 

今日は

夫婦間コミュニケーションの取り方についてお伝えします。

 

 

ご相談をされたお客様の中で

「妻に、突然離婚してほしいと言われた!全く心当たりがないので

 どうしていいのか困っている」というご相談がありました。

 

 

ご相談のように、夫婦間のコミュニケーションが取れていない

突然、パートナーや恋人から離婚の話、別れ話が出てもおかしくないのです。

 

もし、あなたが次のようなお悩みを持っていたら、

夫婦間のコミュニケーションをしっかりと取る必要があります。

 

・旦那が全然話を聞いてくれない

・妻が急に不機嫌になってしまった

・夫婦での会話が全くない

・子育てが終わったあと、旦那との生活に不安を感じる

・老後を考えるとこの人と一緒にいることが苦痛に思える

 

この場合は、夫婦間のコミュニケーションがしっかりと取れていない可能性が高いです。

 

そして、このような夫婦のコミュニケーションが取れていない状態を続けているとどんなことが起こるのかというと…

 

・パートナーが家に帰って来なくなってしまう

・浮気相手を探してしまう

・熟年離婚につながる

・ストレスで重い病気にかかてしまう

・いきなり離婚話を切り出される

 

というようなことに

繋がってきてしまう可能性があります。

 

では、夫婦の間でどんな風に

コミュニケーションを取ればいいのでしょうか・・・

 

夫婦間のコミュニケーションを作るためには

次の3つのことを理解することが大前提にありますので、しっかりと覚えてください。

 

 

その1 男性、女性の脳の違いを理解する。

 

このホームページの記事の中でも、よくお話に出しているのですが「男性の脳と女性の脳に違い」があります。

 

男性の脳は、解決脳と言われていまして、すぐに答えを出したがってしまう特徴があります。ですので、女性の方はちょっと話を聞いて欲しいだけなのに、男性は、これは問題だ!解決することを必要とされていると判断して、頼んでもいないのにアドバイスをしてきます。

 

そして、そのアドバイスに従わないとせっかく問題を解決したのに!と男性の方は気分が悪くなり、喧嘩になることも多いです。

 

しかし、女性は話を聞いて欲しいだけで、特にアドバイスを求めている訳ではないのです。

 

今度は、女性の脳の特徴をお話します。

 

女性の脳は共感脳と言われ、相手に自分の気持ちを共感してほしいと考えるのが特徴です。ですので、先ほどの男性の脳の特徴のように、夫婦で話をするときも、男性はすぐにアドバイスをしたがります。しかし女性は話を聞いて共感してほしいだけですので、ここでお互いのズレが生じてしまいやすい喧嘩に発展するケースが多くなります。

 

 

このように、男性と女性とで脳に特徴があることをまず理解することが大切です。

 

 

男性の方は、アドバイスをせずにパートナーが女性友達と接するように、「ただ話を聞いてあげるだけ」でいいのです。

 

また、女性の方は、男性のアドバイスがあっても、イライラせず、これは脳の特徴だからアドバイスを言っているのねと思って男性と接するようにしましょう。

 

 

その2 育ってきた環境の違いを理解する。

 

次に、夫婦間のコミュニケーションを取るためには、お互いが育ってきた環境の違いをしっかりと理解することも大切です。

 

例えば、家庭で作る料理ですが、パートナーの地元が関西と関東の人では、味の違いがあります。

 

関西で育った方は、薄味を好み、関東で育った人は濃い味を好む傾向にあります。

 

ですので、もしパートナーが薄味の料理が好きなのに、自分は濃い味が好きだからと濃い味付けの料理を作っていたら、どうでしょうか。結婚したてのうちはあまり気にしないかも知れませんが、仕事から帰ってから食べる料理が自分の好きな味じゃないとそれだけで、夫婦間に溝が生まれやすくなります。

 

そして、それが毎日となるとだんだんと夫婦間の溝が広がりやすくなっていますのです。要するに相手の胃袋を掴むことが大事なことなのです。

 

旦那さんの帰りが遅くなったり、外食が増えてきたりした場合は注意が必要になります。もちろん、自分の好みの味を我慢してずっと料理を作り続けるということではなく、パートナーの好みの味を理解して、定期的にパートナーが好む料理を提供するようにすると、夫婦関係が良好になっていきます。

 

 

その3 重要な他者としての存在

夫婦のコミュニケーションを取るためには、重要な他者としてパートナーを認識することです。

 

重要な他者とはどういうことかというと、夫婦といえど、他人です、会社の同僚や友人、両親には気を使うのに、パートナーに対しては、なんでも許されると思って、適当な態度をとって過ごしていたりしませんか?

 

それだけでもだんだんと気持ちのズレが生じてきます。

 

 

結婚したばかりの頃は、お互いのことを意識して、会社から帰るとき、ちょっとしたことでも頻繁に連絡を入れていたり、また記念日にはプレゼントを渡したりとお互いを意識していたはずです。しかし、結婚生活が長くなってくると、パートナーに気を使うことも忘れてきてしまいます。

 

海外では、結婚してから緊張感を持って接するようになると言われていますが、日本は逆で結婚するとなんでも許されると思ってしまうような安心感がありますが、一番身近な存在でも他人は他人なのです。

 

ですので、重要な他者として、パートナーを認識して、相手をいつまでも思いやる気持ちを持って夫婦でのコミュニケーションをしっかりと取るようにしましょう。

 

夫婦間コミュニケーションを動画で学んでみませんか?

 

夫婦のコミュニケーションをしっかりと取るためには、パートナーシップについて学ぶ必要があります。この動画は、夫婦間コミュニケーションをよりよくするために作りました。

 

ご興味がある方は、ぜひ動画をみて学んでください。

 

夫婦円満の秘訣動画のご購入はこちらになります。

▼▼▼

夫婦円満の秘訣動画

 

 

夫婦問題でお困りの方は体験カウンセリングも行なっています。

 

夫婦感で最近会話が減った、いきなり妻に離婚の話をされた、旦那の気持ちが私から離れてしまっている。子供の養育費や婚姻費用、離婚後の相談などなど夫婦間での問題に30分無料でカウンセリング致します。

 

気になる方は、下記のフォームよりお気軽にご相談くださいね。

 

▼体験カウンセリングはこちら

お問い合わせ・ご予約はこちら

まずはお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。
土日祝にご予約希望の方はご相談ください。

アメーバブログでお役にたつ情報を発信しています。
クリックするとリンクが開きます↓
https://ameblo.jp/sophiaminae/

Page Top